実は大麻の使用を罰する法律はない?それ本当?

芸能人

実は大麻の使用を罰する法律はない?それ本当?
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

実は大麻の使用を罰する法律はない?なぜあの女優は逮捕されたのかレポートします

ある記事が目にとまりました。えっ、実は大麻の使用を罰する法律はない?それ本当?

人気ドラマ「相棒」出演女優として知られ、最近はナチュラリストとして活動していた高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者ですが、「医療大麻の解禁」を求めて参院選に出馬したことでも注目を集めました。その効果についてはさておき、日本において薬物を取り締まる法律にはどのようなものがあり、どのくらいの罪の重さになるのでしょうか。無料メルマガ『知らなきゃ損する面白法律講座』で、現役弁護士が詳しく解説しています。

元女優が大麻所持の疑いで逮捕。大麻取締法とは?

元女優の高樹沙耶容疑者が沖縄県内で大麻を隠し持っていたとして10月25日厚生労働省の麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。高樹容疑者は自分のものではないと容疑を否認しているということです。

昨年末は女優が自宅でコカインを所持していたとして麻薬取締法違反で逮捕され、今年に入ってからは2月に元野球選手が覚せい剤取締法違反で逮捕、さらに6月に元俳優が覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕されるというように芸能人の薬物がらみの逮捕が相次いでいます。

薬物を取り締まる法律は、覚せい剤に関して規制を行う「覚せい剤取締法」、大麻に関する「大麻取締法」、ヘロイン・モルヒネ・コカイン・向精神薬等に関する「麻薬及び向精神薬取締法」、あへん(けし、けしがら等)に関する「あへん法」などがあります。今回は、ニュースでよく見る「覚せい剤取締法」と比較しながら「大麻取締法」の詳細について見てみたいと思います。

覚せい剤については、輸入・輸出・製造した場合は、1年以上の有期懲役(41条1項。営利目的の場合は、無期又は3年以上の懲役、1,000万円以下の罰金が併科される場合もあります)、譲渡・譲受・使用は10年以下の懲役(営利の場合は1年以上の有期懲役、500万円以下の罰金が併科される場合もあります)に処されるおそれがあります。また覚せい剤の原料を輸入等した場合についても処罰の規定があります。

大麻については、栽培・輸入・輸出をした場合は、7年以下の懲役(営利の場合は10年以下の懲役、300万円以下の罰金が併科される場合もあります)、譲渡・譲受・所持をした場合は5年以下の懲役(営利の場合は7年以下の懲役、200万円以下の罰金が併科される場合もあります)に処されるおそれがあります。覚せい剤よりはやや軽い刑罰が定められています。

大麻取締法では、「所持」は罰せられますが、実は、「使用」自体では罰せられません。なぜなら「使用」を禁止する規定がないからです。この不思議な点については、いくつかの説がありますが、大麻は古来から様々な用途に使用されてきたことから、「使用」については処罰しないとしたのではないかという説が有力です。

もっとも、使用しても大丈夫!ということにはなりません。使用する場合は、「所持」が前提となりますので、所持していたことを理由として処罰される可能性が非常に高いでしょう。
また、平成3年の改正で大麻取締法には国外犯処罰規定が定められました。日本国外で大麻の輸出入や譲渡・譲受・所持等の行為を行った者についても、日本の法律で処罰されます(法24条の8)。海外では大麻が合法となっている国もありますが、そこで日本人が大麻を入手した場合、処罰されるおそれもあるということです。

大麻については、医療大麻であれば使用を許すべきという議論が国内でも出てきており、今回逮捕された元女優も医療大麻の解禁を求めて活動を行っていたそうです。しかし医療大麻については未だ認められているものではありません。

参照:治療のための大麻は許されないか?

定められている処罰も覚せい剤よりは軽いとは言え、決して軽いものではありません。どのような理由であれ、大麻に手を出すということは、絶対にしないようにしましょう。

出典 http://www.mag2.com

大麻は、所持することは違法だが、使用自体を禁止する規定がないと書かれている。
その意図は、医療で使用する場合があるから、使用自体を禁止することは無理がある。しかし、所持はいけない・・・。

ざっくり言うとこういうことでしょうか。
要するに医療以外の目的で不法所持して使うと犯罪ということですね。
7年以下の懲役と書かれています。

この網の目をくぐる提案として、「医療大麻の解禁」というものがあります。

逮捕された高樹沙耶も、それを訴えています。いったい、「医療大麻の解禁」とは何をすることでしょう。

アメリカでの医療大麻合法化の現状

アメリカ合衆国の州法では、医療目的の大麻の使用が認められている州が、2016年6月時点で全50州中25州あり、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、ハワイ州、メイン州、メリーランド州、ミシガン州、モンタナ州、ネバダ州、ニューメキシコ州、オレゴン州、ロードアイランド州、バーモント州、ワシントン州、ペンシルバニア州、オハイオ州ほかである[1][2][59]。しかし、アメリカ合衆国連邦法である規制物質法の元では、大麻はスケジュールIに分類され厳しく管理されており、医療使用も認められていない。マリノールは規制物質法の基スケジュールIIIに分類され、医師による処方が許容されている。また、食品医薬品局(FDA)[60]と麻薬取締局(DEA)[61]は「大麻には医療価値はない」との見解を示している。
医療大麻法が施行されている州では、医師による処方箋と医療大麻のライセンスを発行してもらうことで、医療大麻薬局( Dispensary)や医療大麻クラブなどで大麻を入手できる。しかし州法によって合法的に医療用大麻を販売・所持していても、連邦法では違法であるため、連邦捜査機関のDEAやFBIによって逮捕されるといった問題[62]がある。そのため、2000年にエイズ治療に大麻を所持・使用していた、作家のピーター・マクウイリアムズが逮捕され、大麻を使用するための裁判を強要されたが、嘔吐による窒息で死亡するといった事態が起きている(医療大麻は制吐作用も含む)。そうした状態が、ジョージ・W・ブッシュ政権終了まで続いたが、バラク・オバマ政権において、2009年2月にホワイトハウス広報担当官は、医療大麻関連の施設へのDEAによる強制捜査を終了することを発表して[63]、DEAのミシェル・レオンハート局長とエリック・ホルダーアメリカ合衆国司法省長官は、医療大麻に対する強制捜査を終結したことを宣言した[64]。
アメリカにおける医療大麻法は、1996年にカリフォルニア州の住民投票によって成立したのが始まりである。1998年にはアラスカ州、オレゴン州、ワシントン州で住民投票により成立した。アリゾナ州は住民投票で法案が通過しているが、州憲法によって執行不能である。ワシントンD.C.でも、住民投票で法案が通過しているが、連邦議会に執行を阻止される。2007年のコネチカット州では法案が議会を通過したが、知事による拒否権発動で不成立に至っている[65]。2014年に、大麻販売がコロラド州で許可され、ワシントン州でも許可される予定である。
2011年ワシントン州最高裁は「連邦法の下ではワシントン州の患者であっても合法的に大麻を使用する権利を持っているわけではない」[66]とし、2015年コロラド州の最高裁判所は、「被雇用者は州法によって医療用マリファナの使用は認められている。しかし、連邦法の下では違法であり、州法は被雇用者を擁護しない」[67]として、いずれも雇用主は医療用マリファナ使用の被雇用者を解雇できると判決した。2008年カリフォルニア州最高裁[68]、2010年オレゴン州最高裁[69]も同様の判決をしている。

出典 http://ja.wikipedia.org

 これも、ざっくり言うと医療目的で申請してライセンスをもらえれば、一般人が大麻を購入できるようにするっていうことですね。

 上の説明を見ると、アメリカではエイズなどの治療に大麻を認めている州が半数あるから、特定の目的で申請すれば許可が降りるはず・・・けど、入手した大麻を誰が使うかまでは、監視できないですよね。
 これ、悪用しようと思えば、すごく便利な制度になるようにも思えます。

 そうなると、結局、個人責任において使用するなら良しとするのか、国家(自治体)としての価値観を制度・法律という形で強要するか。どちらが正当性があるのかという議論になってくるのではないでしょうか。

 私(管理人)としては、国家が禁止する必要はあると思うので、現状のまま、医療大麻の使用は医師・医療機関のみが行えることとし、一般人は所持できないという形で問題ないのでは・・・と思うのです。

 みなさんは、どう思われますか?

高樹沙耶という人物は?こんなことを言ってますね・・・

逮捕の瞬間映像!男女の異様な共同生活の実態を暴く!

高樹沙耶の変遷

管理人の感想

ナチュラリストって、便利な言葉だなと思います。
エコロジー志向で知的な感じがするし、自然と共生して健康的に生きるイメージがあります。でも、ともすれば、自分が開放される=自然という意識で行動してしまって、建設的な人生が崩れることだってあるかもしれません。
ナチュラルかどうかなんて、やはり主観的な要素が大きいと思います。

現代社会で生きて行くには、どうしたって現金収入は必要だし、自給自足と言っても財源は確保しなければならない。ナチュラルだけでは生きていけないし、どこか嘘くさく感じてしまうのです。

みなさんは、どう思われますか?

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
このサイトはWHDシステムで作っています。詳しくはここから WHDシステムの登録はここから